2015/02/25

Brain Disorders / 脳機能障害

脳機能障害

最近ですが、テロ、事件、政治家の暴言など、なんだか多くないですか?

人が気づかず脳機能障害を起こしているのではないでしょうか?

高山病が酸素の影響を受けていると解きました。
大気中の酸素の濃度のことを酸素分圧と言います。
20.94%が、酸素濃度です。

海面上の気圧は1013hPaです、これは、760mmHg で表せます。
故に、海面酸素分圧は、159mmHgです。

山に登りますと気圧が低くなり酸素の濃度も下がります。
富士山山頂ですと、474mmHgになります。
故に、酸素分圧は99mmHgとなります。

高山病は、酸素濃度の変化に体が反応しておきます。
ヘモグロビンの分解と酸素分子によるものとしました。
脳機能障害が起きてしまいます。

さて近年、温暖化が進んでいるようです。
昔より、高気圧低気圧の波が増幅されています。

これらは、知らずして人を脳機能障害へと導いているのではないでしょうか?

単純計算しても700mの高度差を海面上高度の人々は体験しています。
一般的に1800mより高山病は起きると知られております。
私は、1400-1500mの高度で、高山病を発症しました。

登山経験のない人々が大多数の中、海面高度で知らずして高山病的脳機能障害を
起こしているのではないかと、考えております。

若い個体が、運動し体を鍛えなくなりました。
コンピューターゲームに熱中しております。

脳の電気信号は光速で起きます。
コンピューターは電気信号ですから、やはり、光速で反応します。
これらは、シンクロナイズ(同調)してしまいます。
スマホが手頃ですが、やはり元をただせば、電気信号です。
人が熱中する理由が、そこにあると考えます。

熱中は、偏執を招きます。
偏執は、知らずして人々を脳機能障害を起こすことを導いています。

海外の宗教家が無惨なテロを起こしております。
彼らの滞在高度は如何なものでしょう?

知らずして、集団的に病的な高山病状態にあるのではないでしょうか?
偏執が偏執を呼び、さらに集団化して、殺人を犯している。

オウムがそうでした。
一人の変人が、集団を洗脳しサリンを撒いたり、殺人を犯していました。
目には目を、サリンで死刑にして下さい。
恐ろしければ、ちびるでしょう。
それは、詐病を明かす手段です。

一人が重大な脳機能障害を起こし、集団を洗脳して操る。
これは、世界規模の重大問題が起きていることの証明です。

高所順応すれば、治ります。
私はそう考えます。
寛容の範囲を超えすぎています。
皆さんは、いかが思いますか?