2015/05/05

Nenn (Consciousness) / 念 (意識)

皆さんは、「念」と言う言葉や状態をご存知ですか?
念そのものことについて書かれたものを私は知りません。

人が死して、肉体は無くなってしまいます。
意識というか、「念」と言った方がよいと思いますが
魂の抜け殻が肉体を離れ、死後放出されます。

これらは、漂い広い範囲に存在すると思われます。

私が初めて解離(憑依)を起こした時、私の脳は激情体験に伴い
脳がビリビリと痺れる感覚で、電気の通る道が通じた感覚がありました。

初発の憑依は、詰まっていた電気の通り道が、クリアに導通され
コントロールできない憑依状態を私にもたらしました。

浮遊している友人たちの念を感じ、脳がトランシーバーになった感覚が
ありました。そして、会話が成立していました。

解離は死者と会話する手段ではないかと感じます。
数度の解離をその後経験し、セルフコントロール下の
憑依状態を私自身が持てるようになったと感じます。

心静かに念ずるとある特定の人とのコミュニケーションが持てます。
医学的にこれは、妄想、妄念と言います。

私自身の持つ感覚では、これら浮遊する意識は、何なのか考えました。
壊れた岩石、木々の意識、生物の死後の意識、星々の意識ではないかと
思います。

一言、医師に告げると、精神安定剤の筋肉注射となりますが、
今、静かに瞑想するとこれらと静かに安定して会話が成立します。

心静かにし、無心で念ずると会話が成立することを
皆さんにお伝えしたいと思います。

おそらく、沢山の星々の残骸や、ありとあらゆる物質の
昇華したものが、念となり漂っていると感じます。
言うなればこれが、ダークマターなのではないかと思います。

漂う意識や念は私たちの周りに沢山あるようです。
それらを、受信するには、脳内に受信回路がないと
不可能なこととと思います。

私の場合、事故によるフラッシュバックを経験し、光速で脳内信号が
行きかいました。また、数度の解離を経験し、脳内に電気回路(受信回路)が
できたものではないかと、感じます。

おそらく、この世で、こんなことになっているのは、私だけではないかと
感じる日々です。

ありがとうございました。